商圏分析は出店場所候補の調査です

お店をこれからオープンする時、商圏分析が必要だと言われています。
商圏分析とは、出店場所の候補にしている店舗物件の調査の事であり、簡単に言えば候補にしている店舗の場所でお客さんが多く来るか否かを調査する事を意味しています。


候補にしている店舗が、メイン通りから奥まった場所にある場合、人通りが少ないため集客するための工夫を行わないとお客さんが来ないと言う事は誰もが分かる事です。



しかし、メイン通りにお店を構えたとしても、競合する店舗が近隣エリアにあると、お客さんは分散する事になり、売り上げにも影響を及ぼす事になってしまいます。



商圏分析の中には、半径500メートル以内や1キロメートル以内に、競合する店舗がどれだけあるのかと言う調査も必要であり、人通りが多いからと言っても、類似するお店が多いエリアと言うのは出店場所の候補から外しておく必要があるわけです。

また、人通りと言うのは時間帯に応じて異なるのが特徴です。
新宿駅や池袋駅などの場合、昼夜に関係なく多くの人々が集まりますが、出店場所の候補にしているエリアの人通りが昼と夜でどのように変化するのかを調査しておく事も大切です。居酒屋店などの場合、夕方からの営業になるため夜間の人通りがどのくらいあるのかを調べておく必要がありますが、逆に夕方に閉店するような業種の場合には昼間の人通りがどのくらいあるのかを調べておく必要があり、これも商圏分析の中の一つになります。