出店で成功するために欠かせない商圏分析

店舗を出店すれば、その商圏の顧客を中心に商売を行うことになります。
接客レベルを上げることはできても、経営者自身が商圏の状態を変えることはできません。


出店戦略や販売戦略を見つけるため、地理的範囲を多角的に調査するのが商圏分析です。

商圏分析における条件の良さを判断する基準としては、様々な要素があります。
交通状況や商圏人口など、多くの判断基準が考えられます。

商圏人口が多くても、河川や道路などで分断されていれば売り上げに影響します。

人や車がスムーズに流れない商圏であれば、これも店舗経営の条件としては不都合です。

更に、競合店の存在や店舗の視認性に関する状況などについても注意する必要があります。



これらの複雑な要素に着目し、成功確率の高い出店を目指さなければなりません。



そのため、出店で成功するには商圏分析という作業が非常に重要なものになると言えます。

商圏分析の手順は、地域、地区、地点の順番で、広いエリアから狭いエリアへと進めます。

数多くの商圏を見てきたコンサルタントであれば、精度の高い分析を行うことが可能です。
しかし、正しい手順を踏めば、開業予定者や店舗オーナーでも自ら行うことができます。出店で成功するための立地を探すタイミングは、出店前の時期に限られます。商売を開始した後に、好ましくない立地条件であったと気がついても手遅れです。
出店してから後悔しないためにも、あらかじめ商圏分析を実施しておくことが大切です。